通でニッチな情報を紹介するライフスタイル提案バラエティサイト。

オトナの二度見

総合TOP >  > 【vol.004】黒ビール 通

このエントリーをはてなブックマークに追加
vol.004

黒ビール 通

本日のプレイバック

生配信日:2014.2.26
 
『オトナの二度見』第4回生配信のテーマは「黒ビール 通」。
ビールの中でも黒ビールを選んだ通人。
そんなこだわりを持つ片井若尊さんに来て頂き
通人ならではのニッチな視点でいろいろ指南して頂きました。
 
 
【ポイント 1】そもそも黒ビールって何?
 
ビールは麦、ホップ、水、酵母から作られる醸造酒なのですが麦を焙煎してローストした時に
敢えて焦がして苦味や芳ばしさを出し、黒い色をしたビールを『黒ビール』と呼ぶそうです。
しかし黒い色をしたビールが必ずしも黒ビールというわけではないのでお間違いのないように。
また黒ビールは一般的なビールより飲む時の適温が高かったりアルコール度数も高かったり
という違いもあります。
 
 
【ポイント 2】黒ビールは日本だけ!?
 
黒ビールは国や地域によって100スタイル以上に分かれている場所もあり、
日本では85スタイルに分けられているみたいです。
黒ビールは大きく分けるとラガー、エールの2スタイルに分けられていて
今回はラガーに分類されるケストリッツァー シュヴァルツとシュパーテン オプティメーター、
エールに分類されるアンカー ポーターとアサヒ スタウトを持ってきていただきました。
しかし【ポイント 1】で言っていたように黒いビールが全て黒ビールというわけではなく
この4つの中だとケストリッツァー シュヴァルツだけが唯一強いて言うなら
黒ビールと呼べるビールでした。
 
 
【ポイント 3】色んなビールを飲んでみよう
 
実際に持ってきていただいたビールを飲んでみるとやはり普段飲んでいるビールとは全然違い
芳ばしさがあり苦味が丁度良くとても美味しかったです。
通人としてはコーヒーを飲むようにカフェでゆっくりと飲むのもありということなので
今度カフェでコーヒーではなく黒ビールを頼むのもアリですね。
また今回はおつまみにチョコレートとナッツを用意していただいたのですが、
チョコレート(竹の子の里)はラガーにナッツはエールに合うので是非試してみて下さい。
 
 
【まとめ】
 
黒ビールはお店にはあまりないので家で飲むのがいいかもしれません。
家で飲めばリーズナブルでお洒落に楽しめるのでホームパーティーなどで飲んでみるのも
いいかもしれませんね。
都内では目白にある田中屋という酒屋さんにたくさんのスタイルが揃っているので
黒ビールが欲しいときは是非田中屋さんへ!
ちなみに通人は田中屋さんには黒ビールがたくさんありすぎて4、5時間は物色して
楽しめるみたいです(笑)

通人プロフィール

片井 若尊(カタイ ジャクソン)

ワタナベコメディスクール16期卒業、現在ワタナベエンターテインメント所属。
実家がお寺で本名が若尊(じゃくそん)。
二十歳を越えてからはビールしか口にしていない男。
愛媛県出身。22歳。

ブログ:http://ameblo.jp/jk14411144/
Twitter:@jak0807

- 本日の参照メモ -

通人募集!

通人のそこのあなた!あなたが精通している ジャンルを番組で語ってくれませんか。 自薦他薦は問いません。

週間PVランキング TOP10
( 2018.11.12~2018.11.19)