通でニッチな情報を紹介するライフスタイル提案バラエティサイト。

オトナの二度見

総合TOP >  > 【vol.015】ビルケンシュトック 通

このエントリーをはてなブックマークに追加
vol.015

ビルケンシュトック 通

本日のプレイバック

生配信日:2014.5.14
 
夏に近づく中、足元はサンダルを履くことが増えてきます。
大人の男であればサンダルもこだわってほしいアイテムです。
 
『オトナの二度見』第15回生配信のテーマは「ビルケンシュトック 通」。
 
「ビルケン」としてすっかり定着しているビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)
これまで3回ご出演いただいた馬場けいたさんに来て頂き
通人ならではのニッチな視点で”ビルケンシュトックについて”指南して頂きました。
 
 
【ポイント 1】ビルケンの特性を知れ!
 
ビルケンと言ったらもちろんサンダル!!
そしてビルケンのサンダルの良さはなんと言ってもその「クッション性の高さ」
ビルケンの特性である「4層構造のフットベット」!!!
そう!!ビルケンはソールがなんと4層になっているんです!!!

これはビルケンでしかありえない、ソールの厚さなんです!!

しかーも、ただ層をなしているだけではなくそれぞれに機能をもっています!!!

第一のソールである「アウトソール(EVA Out sole)」、このソールが
すり減りを少なくさせる役目を果たし
第二のソール「ジュードソール(Jute)」が通気性を高め
第三のソール「コルクソール(Cork × Latex)」はその柔軟性から、足の形に馴染みやすくし
第四のソール「スエードライナーソール(Suede Linear)」が汗の吸収性を高めるそうです!!

これこそ「4層構造のフットベット」!!これぞビルケンのビルケンたる所以!

まさに、無敵の布陣!!夢の共演!!であります!!
 
 
【ポイント 2】ラムゼス、アリゾナは履くな!
 
ここはあえて通人だから言える主観と偏見が飛び出しました!!
それは
「ラムゼス、アリゾナはダサいから履くな!!」
「なぜならこのサンダルよく見る!!」
そうなんです!まさにベタ中のベタって感じなんです!!
これらに類似した商品も多数出ているそうで、このモデルを履いているだけでダサく見えがち
これがこのモデルを避ける理由だそうです!
そしてもう一つ我々が思ったことは…
「これ!大学の時履いてた!!」
そうなんです!
どことなく漂う大学生感…
ワンランク上の大人を目指す二度見としてはこれは頂けないです。
なんといってもビルケンは他にも種類はあります!!
この2タイプは避けて選ぶのがいいそうです!!

通人が履いていたボストン、めっちゃかっこいいです!
そして通人が一番ダサいと言ったのがラムゼスの形に足が日焼けしてしまうのが
一番ダサいそうです!!
通称「ラムゼス焼け」
この焼け方をしていれば他のサンダル履いても「ああ、この人ラムゼス履いてるんだ…」と
ばれてしまいますので、そうなる前に履かないようにしましょう!!
 
 
【ポイント 3】しっかり手入れをして綺麗に保て!
 
お手入れといってもそう難しくはありません!
 
ポイント①
履き終えたら乾燥剤を入れる
足は体の中で一番汗をかく場所です。アフターケアはしっかりしましょう!
ただそんなに難しくはありません!乾燥剤を買ってきて靴の中に入れるだけなんです!!
そこを面倒くさがらずに
「家に帰って靴を脱いだら乾燥剤を入れる 」 ここまでを一連の流れで行うようにしましょう!!
 
ポイント②
ビルケンは革の製品にも多いので、クリーム等で定期的にケアしとく事も大切だそうです。
「おしゃれは足元から」
「靴がきれいな人は部屋もきれい、そしてココロもキレイ」
そのぐらいお手入れは大切だそうです!!
 
 
【まとめ】
 
ビルケンのサンダルはワンランク上の大人を目指すアイテムとしては最適です!!
サンダルは楽に履けるものですが、ここはあえて、ケアもしっかりしつつ綺麗に履きましょう!!
もちろん、ラムゼス、アリゾナは避けて下さいね!!
 
おまけ
通人の理想の女性像は
白いロングのワンピースにボストンを合わせている女の子がタイプとの事
(ちなみに顔は石原さとみさん)
通人!!タイプはベタだなーww

通人プロフィール

馬場 けいた(ババ ケイタ)

靴が好き過ぎて靴屋でバイトしてます。
福島県出身。26歳。

Twitter:@burabura_baba
         ↑靴・スニーカのことつぶやいてます。ただいまフォロワー絶賛募集中!!

- 本日の参照メモ -

通人募集!

通人のそこのあなた!あなたが精通している ジャンルを番組で語ってくれませんか。 自薦他薦は問いません。

週間PVランキング TOP10
( 2017.08.17~2017.08.24)